Pasona

詳細検索項目

新着求人一覧を表示

面接必勝法

work

面接に用意していくのは、レジュメだけではありません。 面接時によく聞かれる質問や自分が聞きたい質問などを事前に準備しておくことが大切です。 実際の採用担当者はあなたのどんなところを見ているか? など 採用担当者からパソナのリクルーター・コンサルタントへのフィードバックを踏まえて面接必勝法を伝授します。

採用の決め手となるポイント

  1. 自己分析

  2. 業界
    企業分析

  3. レジュメ
    書類応募

  4. 面接対策

  5. 面接

採用担当者からのフィードバックで最も多いのが、『働きたいという強い熱意を感じました』と言うことです。逆に不採用の理由で最も多いフィードバックが 『本当に弊社で働きたいのか?』ということです。応募ポジションに必要なスキル・経験などが採用の決め手になるポイントということはもちろんのことですが、同じスキル・経験を持った方々の中から選ばれる理由は、 この『意欲』がポイントになります。

『働きたい』という気持ちを前面に出す

採用者が面接でまず重視するのは、『本当にうちの会社で働きたい』という熱意です。言葉だけで表現するなら簡単ですが、それだけでは伝わってこない場合があります。 以下は言葉では伝わらない熱意を伝えていく方法です。

  • 面接の開始と終了時には必ず挨拶をしましょう
  • 質問に答える時は、大きな声でシッカリと答えましょう
  • 必ず相手の目を見て話しましょう
  • 分からないことがあれば、流さずシッカリと質問しましょう
  • 最後に『質問はありますか?』と聞かれる場合が多いので、 事前にその会社、ポジションのことを勉強し、積極的に質問していきましょう。

ビジネスマナーの確認

ビジネスマナーは必ず採用者からチェックされていると思ってください。 いくらアメリカ、カナダでの面接だからといって、日系企業で面接を受ける場合は、 日本のビジネスマナーを守るようにしましょう。 また、面接先が外資系の場合でも、最低限のビジネスマナーに関しては大きな差はありません。

men

時間厳守

面接はビジネスにおける商談と同じです。1分でも遅刻と判断されます。
そのため、遅くとも10分前には到着する余裕を持ってください。

men

身だしなみ

第一印象で重要視されるのは身だしなみです。

以下の点は必ず注意しましょう。

1. 頭

スッキリした髪型か。髪の毛の色は目立ちすぎていないか

2. 顔

女性の場合、自然なメイクか

3. 手もと

バッグ・鞄はビジネスにふさわしいか。
派手なマニュキュアをつけていないか

4. 服装

アイロンがけしたきれいなワイシャツか。
スーツにしわがよっていないか。

5. 足もと

足もと: 靴に汚れはないか

men

話し方・聞き方

話し方、聞き方もビジネスマナーのひとつです。話す時は、相手が理解しているかどうかを必ず確認しながら話を続けること。 相手の理解を無視して話続けるのは失礼です。 聞く時は、相手の話を最後まで聞いてシッカリと理解した上であなたの方からの話をしましょう。 話すスキル、聞くスキルが高いほど、ビジネスをスムースに行なうことができると判断されます

面接で聞かれるポイントを抑えておこう

自己紹介

簡単に自己紹介します。その後、職務経歴についても簡潔に時系列で説明します。 職務経歴がない場合は、学校で勉強したこと、アルバイトの経験などを説明しましょう。 転職理由(退職理由) は採用者が非常に重視する内容のひとつです。退職理由を知ることで応募者の仕事に対する考え方、 取り組み方やコミュニケーション能力を把握します。 『スキルアップしたい』『この仕事で自分を見極めたい』といった前向きな退職理由を応えましょう。 また退職理由を伝える際に、前職の会社、上司、同僚、部下に関する ネガティブなことを話す方が少なくないのですが、これは決してプラスになることはないので注意してください。

応募動機

募集先企業の研究をして、自分のやりたい仕事かどうかを考え、 『自分のこれまでのキャリアとそれにより身につけた知識・技能・実績を活かし、 ぜひ応募先企業に貢献したい』という気持ちを説明しましょう。

自分の長所・短所

よく聞かれる質問です。自分で考えてわからない場合は何人かの知人に聞いてみると明確になりやすいです。 短所は長所とも取れる答え、もしくは短所をどのように克服したかなど、プラス面に取れるように考えましょう。

キャリアパス

3年後、5年後のゴール、あなたのキャリアパスが応募しているポジションとどう関係しているのか 説明できるようにしておきましょう。

自己PR

『応募動機』と『自分の長所・短所』を参考に、自己分析を行ないます。 『自分はどういう人間で何に貢献できるのか』をアピールします。 最初に『自分には○○があります』と結論を示し、次に前項で言った内容を裏付けるエピソード(経験)を述べます。 最後にもう一度『応募先の企業でも自分は○○を活かし△△ができます』で締めます。 PRする時は大きな声で自信をもって話しましょう。

面接で必ず聞かれる上記5つの質問ですが、模範解答を暗記してそのまま繰り返すようでは、採用されることは難しいでしょう。 あなた自身の言葉で、あなたの魅力を100%伝えられるように、志望動機や転職理由などのポイントをまとめ、十分に練習しておきましょう。 パソナでは、採用担当者とデイリーで話をしているリクルーター・コンサルタントが 模擬面接などの面接対策を行なっています。 面接のアドバイスをご希望の方は、今すぐパソナのリクルーター・コンサルタントに連絡。 または、パソナの簡単無料登録でリクルーター・コンサルタントとコネクトしましょう!

簡単無料登録

簡単無料登録を済ませて、リクルーター・コンサルタントからの連絡を待つ

main

お仕事検索


あなたに合ったお仕事検索

main
© PASONA N A, INC. Pasona