Pasona

顧客事例紹介

きめ細やかなサービスの提供にあって、コストの面でも魅力的

Testinominal

Suzuki Motor of America, Inc.

加藤 浩一様:Chief Financial Officer

事業内容:2輪、ATV、マリーンボートモーター、部品の販売、レーシングへ参戦と幅広く事業を展開し、世界のスズキとしての位置づけを果たすべく重要な米国マーケットで活躍されている会社です。

加藤様からのフィードバック

sujuki
  • 入力プロセス量の多いAP部署でミスが少なく業務が円滑に進むことは非常に魅力的。
  • 専門的業務レベルの高い実務担当者の提供を受けることから、トレーニングの時間も少なく済み、即戦力として安心して業務を任せることが出来る。業務量の増加時にも、提供されるサービスの品質を保った上での対応を可能にするのは、人材の資質も兼ね備えているからこそ。
  • 様々な状況で会計基準、又企業ポリシーにそった安心のサービスを受けることができる。
  • きめ細やかなサービスの提供にあって、コストの面でも魅力的。

課題

  • Accounts Payable (AP) スタッフの離職に伴う雇用経費の増大
  • 新規採用時のトレーニング時間及び、採用プロセス時間の肥大化
  • AP Misc.業務が多く、社員のレベル向上・キャリアアッププランの策定が難しい
  • AP 業務フローとプロセスエラーの改善

パソナのソリューション

  • AP業務全般を抽出し、パソナが代行サービスを提供
  • 高質な委託サービス提供と同時に、トレーニングされたレベルの高い実務担当者を常に維持・確保
  • 経理部だけなく、他部署含めた社員の方々が、本来の業務に専念できるようAP Misc.業務のサポート
  • 支払業務のスケジュール化、業務のレビュー体制の確立と強化

会計・経理業務委託に至る背景と目的

2008年のリーマンショックで変容を遂げた自動車産業。安定したAP業務の確保、業務フローの改善とコスト削減を念頭におきAP部署のアウトソースを検討する経緯にいたる。2009年、AP業務のみならず米国会計基準にのっとった包括的な経理サービスの提供実績のあるパソナを選んで頂きました。

© PASONA N A, INC. Pasona